Blickle(ブリックレー)キャスター、Slice(スライス)カッターなど、海外製品の輸入・販売

検討中リスト

検討中リストから見積依頼が可能です

リスト登録件数0

CATEGORY

購入をご検討のお客様

まずはお問い合わせください

TEL:06-7174-1474

FAX:050-3737-1356

営業時間 9:00~17:00 定休日 土・日・祝

キャスターを快適に使っていただくために。取付金具の種類と選び方

ものの下に取り付けて運ぶことを容易にしてくれるキャスターですが、キャスターにはいろいろな種類があります。
用途やニーズに合わせて最適なキャスターを選ぶと、より快適に使用できます。
キャスターの主要部分にあたるホイールの材質や許容荷重など、キャスター選びのために考慮するべきポイントがいくつかあります。
今回はその中から取付金具の種類と選び方について説明します。

取付金具の種類

取付金具はキャスターと取り付ける対象となるものが直に接する部分で、大きく4つのタイプに分けることができます。

プレート式

プレート状の取付座の4つのコーナーに穴が開いていて、ネジやボルトで対象となるものに取り付けるタイプです。
取付部を対象となるものに溶接して取り付ける場合もあります。

ねじ込み式

ステム(突起部分)にねじが切られていて、対象となるものにねじ込むタイプです。
ねじ径のバリエーションが豊富にあり、六角部をスパナで締め付けるのでしっかりと固定させることができます。

差し込み式

対象となるものにソケットを組み込んで、そこに差し込むタイプです。
パイプに差し込んで、六角部分をスパナで締めるとゴムパイプが開いて締め付けることのできるタイプもあります。

アングル式

角の2面のアングルにそのまま取り付けることができるタイプです。
対象となるものを奥まで入れてしっかりと密着させ、ネジやボルトで固定します。

取付金具の選び方

キャスターの取付金具は取り付ける対象となるものに合わせて適したタイプを選びます。
一般的に使用されるのがプレート式で、面でしっかりと支えるのである程度の重さにも耐えることができます。
台車のように取付面積を十分に確保できるのであればプレート式を選べば間違いありません。 木製の家具の4つのコーナーにビスで取り付けることも可能です。
ねじ込み式や差し込み式は取付面積が狭いときに活躍します。 テーブルやイスの脚に取り付ける場合に使用されることが多いタイプです。
ラックやワゴンなどにはアングル式の取付金具が適しています。

キャスターのことならBlickle社におまかせください

Blickle社は1953年にドイツで設立され、キャスターとホイールのスペシャリストとして数多くの製品を開発してきました。
Blickle製品は医療関係、食品工場、自動車産業など様々な産業で使用されていて、キャスターとホイールの製品数は3万点以上と非常に豊富です。
標準製品だけでなく、様々な状況に合わせた特別仕様のキャスターの開発も行っているので、キャスターのことならお気軽にお問い合わせください!

日海KMO有限会社では、Slice社製セラミックカッターを販売しています。ボックスカッターはもちろん、アートナイフとしても使えるプレジョンカッターやペンカッター、セーフティカッター、セラミック替え刃も販売していますので、用途に合わせてお選びいただけます。 また、日海KMO有限会社では他にもBlickle社製台車運搬キャスターやBlankenhorn社製精密測定器などの輸入製品を豊富に販売していますので、お気軽にお問い合わせください。