キャスターの有無について

キャスターの有無は、作業効率や安全面を大きく左右します。実際にキャスターがあると、どのようなメリットが得られるでしょうか。

持ち運びが楽

キャスターで持ち運びを楽に

何といっても、重たい荷物にキャスターを取りつけることで持ち運びがスムーズになります。

作業場所が頻繁に変わる建築現場や広大な現場など、便利に活用できること間違いなしです。素早くスムーズな移動を実現します。

またトラックに荷積みする際も、1つ1つ荷物を運ぶより断然早く終えることができ、時間短縮に繋がるのも魅力の1つです。

直置きにならず衛生的

トラックの荷台を綺麗に清掃しても、やはり直接土足で踏み歩きますので、泥などの汚れがこびりつきやすいものです。そのため、新品の商品を直置きするのは気が引けてしまうこともあり、なるべく何かを敷いてから荷積みすることはありませんか。積荷が食品であれば、なおさら衛生的に不安です。

そのような時でも、キャスターがあれば床に直置きせずに済み、衛生状態のハードルもワンランク上げられます。

地震の揺れを吸収

自信でテーブルの下に隠れる親子

地震対策にストッパーをつける方もいらっしゃいますが、完全に固定すると揺れを吸収できず、家具の転倒や中身が飛び出して危険な目にあったという方も多いです。

その一方で、ストッパーつきのキャスターが、揺れを吸収して、危険を防げてくれたという事例もたくさんあります。

しかしながら、カーペットの上だとキャスターがうまく転がらず、揺れを吸収する効果が薄れるようですのでご注意ください。

軽荷重キャスターや台車用など幅広く販売

キャスターをお求めでしたら、ブリックレ(Blickle)のキャスターを販売する日海KMO有限会社をご利用ください。台車用キャスターや軽荷重キャスター、重荷重キャスター・ホイールと幅広く販売しています。

軽荷重キャスターをお求めでしたら耐荷重20kgからご用意しており、素材もゴムやプラスチック、ステンレスと豊富です。同じく重荷重キャスター・ホイールをお求めでしたら、50tまで耐えられる商品を販売しています。

軽荷重キャスターや重荷重キャスターだけでなく、大型機械の設置に最適な低床キャスターのほかハンドリフト用キャスターなど、特殊キャスターの取り扱いもありますのでお気軽に問い合わせください。

PageTop