カッターナイフの安全な使い方

カッターナイフは、大変切れ味がよい刃物です。紙や段ボールを切る際など、便利に活用されています。しかしながら、切れ味が良いからこそ安全な使い方をしっかり押さえておきたいところです。こちらで詳しくご紹介します。

安全にカッターナイフを使用するための心得

紙とカッティングシート

安全にカッターナイフを使用するために、心得ておきたいのが「5S」です。

その前に皆さんは、5Sをご存じですか。企業経営の重要な土台となるもので、内容は以下の通りです。

  • 整理:要らないものを処分すること
  • 整頓:必要な物が取り出しやすいよう整えること
  • 清掃:掃除をして綺麗にすると同時に点検を行うこと
  • 清潔:整理・整頓・清掃を徹底し、衛生的に保つこと
  •  躾 :決めたルールを徹底し続けること

例えばこれらを、「古くなったカッターナイフを判断し処分する」「カッターナイフが取り出しやすいよう整える」というように、カッターナイフに置き換えることもできます。

こうして5Sを心得ることにより怪我のリスクを防ぎ、いつまでもカッターナイフを安心安全に使用していくことができるわけです。

持ち方をマスターしよう

カッターの持ちかた

安心安全に使用するために、まず覚えておきたいのが正しい持ち方です。大きく分けて2通りの持ち方があります。細かいものを切る際は、鉛筆を握るように持ちましょう。字を書くように自在に動かせます。

真っ直ぐ切る際は、手の平で握るように持ちます。人差し指をグリップの背に当て、親指と中指で固定する持ち方です。この持ち方なら手首がブレず安定し、スムーズに真っ直ぐ切ることができます。

日海KMO有限会社では、段ボールカッターやペンカッターなど販売しています。段ボールカッターは握りやすい設計となっており、少ないエネルギー消費で綺麗に切り開くことが可能です。

ペンカッターは持ち運びのしやすいサイズ感で、いつでもどこでも便利にご活用いただけます。自動収納式・3位置手動設定式と選べるほか、替え刃も販売していますのでお買い求めください。段ボールカッターやペンカッターだけでなく、プレジョンカッター・安全カッターなども販売しています。

どのカッターもセラミック加工の刃を採用しており、安心安全にご使用いただけます。ぜひご注文ください。

PageTop